ちょっと作ってくる!〜買うより楽しいDIYlife〜

木工やDIY、ハウスメンテナンスの経過をUPしています。

オーダーメードのサンルーム製作~『外国製の窓は重量もワールドクラス』

2017
01
オーダーしたサンルームも工期の日程が中盤を迎え、だいぶ形になってきました!!


サンルーム上棟 (29)


リビングからみたサンルームの内側の様子です。


窓が付いて、完成の様子がイメージできるようになってきました。


今回サンルームに使ったのはアンダーセンという全米No.1シェアをほこる輸入サッシです。

サンルーム上棟 (25)


木製サッシですが複層ガラスを標準装備で、木部は白いPVC樹脂で被覆されています。


写真のサッシは、サンルームのサイドに使う小さい方のサッシですが、持った感じはかなりの重量があり1人での取り付けは結構大変です(T▽T)


厳しい気象条件でも高気密・高断熱に優れた性能を発揮する代わりに日本製のサッシに比べ、上げ下げはかなり重い操作感があります。


大工さんは初めて輸入サッシを使われた人は、最初戸惑いますと言っていましたが、上げ下げが重い分確かに気密性は良さそうですヽ(´▽`)/


さすがに輸入サッシだけあって取り付けはその重さからかなりの重労働のようで、ぼくが仕事のとき大工さん1人で作業してましたが、2枚しか取り付けできなかったそうです。(他の作業はしてくれてましたけどね)


そんな訳でぼくが休みの日、一緒に重量級のアンダーセンの窓を持ち上げ、大工さんが位置決め、コーキングした後、ぼくが窓枠をスクリュー釘で固定、大工さんが防水テープ処理の見事な連携?で次々固定w

サンルーム上棟 (24)




結構窓枠の間もスペースがないので、窓を金づちで叩かないように慎重に。

サンルーム上棟 (26)



また大工さんもこんなにはいらないと思いますけどね~っとちょっと呆れるほど、固定用の穴が多いので釘打ちは大変でした。

サンルーム上棟 (30)



DIYで数は結構こなしていたので、1時間半くらいで全ての窓の釘打ちが終わりました。

サンルーム上棟 (27)



午後は大工さん釘打ちほとんど無しです( ´艸`)


窓の固定が終わったら、防水テープでさらに釘を打った箇所を上から処理して、窓の取り付けは完了。

サンルーム上棟 (31)


作業が予定より大幅に短縮できたので、この日の大工さんは、外壁を貼る下準備して帰りました。



サンルームの下部の雨避けの金具を取り付け。

サンルーム上棟 (32)



コンクリート基礎に埋め込んだ電気配線の処理。

サンルーム上棟 (14)



いやこれ相当マニアックな記事だけど、大丈夫かな?



写真取りながら大工さんと話してると超面白いので、ついつい色々聞いちゃいました。

サンルーム上棟 (19)


たぶん窓の取り付け以外は邪魔してただけかも(笑)


次はいよいよ外壁の取り付け編です。


週間予報がずっと曇りマークなんですが、完成までは雨あまり降らないでほしいな(T▽T)


■最期にポチっ応援してくれるとテンションあがります!
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

1 Comments

keko  

こんにちは♪

マニアックな記事、大好きです。
大丈夫ですよ!
私もこうやって、大工さんの仕事をずっと眺めていたい。
時々手伝いながら。
それにしてもアンダーセンの窓がこんなについてるなんて!
サンルームといえども、断熱性バッチリの快適なお部屋になりそうです。

続き、楽しみにしてます(*^o^*)

2017/08/02 (Wed) 13:15 | EDIT | REPLY |   

Add your comment