ちょっと作ってくる!〜買うより楽しいDIYlife〜

木工やDIY、ハウスメンテナンスの経過をUPしています。

防災用LEDランタン購入

2014
05
南海トラフや首都直下型地震が騒がれている今、東日本大震災の記憶がはっきりしている今の内にと今回は防災グッズを購入することにしました。


我が家は私が当直勤務で働いているので、有事の際、家にいない確率が極めて高いので、家に残る家族が少しでも災害時ストレスなく生き残れるかを考えました。



災害時、避難場所に避難すればすぐに公的機関が助けてくれるわけではありません。

ひとつひとつの避難所にいちいち役所が対応していては、効率が悪すぎますよね。



まずは自分達の身は自分で守れること。

これが大事だと思います。



自分と家族が無事なら周りの人を助けることができます。


海外では災害が起こると暴動、略奪がたびたびニュースで流れますが、東日本大震災ではそういったことは起きなかったそうです。



日本人の気質ですかね。すばらしいと思います。



テレビで嫌なニュースばかり流れていますが、こういった事を知った時は日本人に生まれてよかったなと思いました。



我が家もそんな日本人として災害に備えも何も状態になって、我が家の家族が暴動を起こさないよう今のうちに防災グッツを買うことにしました。←エラそうなこと言う割には遅ッ~!!



まずは防災セットと言われるものにどんな物が入っているかを分析。


最近できた新しい資格、「防災士」さんが厳選したこの防災セット



大人2人用で以下の物が入っていました。これで3日間生き残ることができるそうです。

1.非常用バック
ポケットが多く、大容量がポイントだそうです。

1.スマートフォン対応の手回し充電式【ダイナモ式】LEDミニライト
ただし、アイフォンは充電できないとのこと。コレは自分でアイフォン対応のものを買った方がいいですね。手回しでスマホ、携帯が充電ができるグッツがあれば、つながりにくくても精神的な安心度が違います。 ただ手回し式は物理的に充電可能とうだけで結構労力がいるので、選択は慎重に。


1.非常食・保存食
賞味期限は5年。一度防災グッツを購入さえすれば更新するのは賞味期限のある保存食ぐらい。
水でも食べることができるアルファ米や、パンの缶詰など一度口にしておくと、子供も地震の際、ストレスが大きくかかっていても食べてくれることが多いとのこと。

1.保存水
災害時に必要な水は一人3ℓ。家族4人だと3日分で36ℓ!!こんなには持ち運べませんが、できる限り用意しておきたいですね。

1.油性マジック(黒)
これはなるほど!!っと思いました。布ガムテープなどにメッセージを記入し、家の玄関に貼っておいたり活用が期待できます。

1.軍手
避難時や作業時の怪我防止に必要ですね。防寒対策にもなるので人数分はいるでしょう。

1.ロープ
避難や傷病者の搬送に役立ちますが、荷物を減らすんだったら、これは無くてもいいかもしれません。タオル等でも代用できますし、使いなれていないと使いこなせません。

1.笛
これは震災時、生き埋めになったとき、効力を発揮します。叫ぶって案外体力を使うので長時間叫び続けられるもの
ではありません。しかし、持ち運び用の防災セットに入っていても・・・
これは携帯ストラップ、家の鍵などいつも持ち歩いているものに付けた方がいいでしょう。

1.マスク
人が多く集まる避難所で長期避難生活は感染症のリスクが高くなります。これも人数分プラスα必要です。

1.布テープ
避難所はプライバシーがなくなりやすく、女性はストレスを受けやすくなります。段ボールで仕切りを作ったりする  加工や先ほどの油性マジックで文字を書いたりにも使えます。こういうシンプルな物が意外と使えるんですよね。

1.非常用持出袋
小さいショルダータイプやナップサックタイプの袋も、配給の受け取りなどに使えます。ビニール袋より耐久性もあ
るので一つは必要かと思います。

1.三角巾
非常時の応急手当用。使い方は消防署の救命講習等で教えてもらえますよ。
止血や骨折、捻挫したときの固定など色々活用できます。

1.伸縮包帯
すり傷や刺傷、切傷の応急に。きちんと手当をしないと感染症になりやすいので、消毒薬とセットで常備しときましょう。

1.除菌ウェットティッシュ
手軽に除菌できるウエットティッシュですが、耐久性のあるあかちゃんのおしりふきの除菌タイプの方が使いやすいかもしれません。

1.LEDランタン
暗いと気分も沈みがち。消費電力の少ないLEDランタンと電池セットで備えれば安心です。

1.フェイスタオル
タオルとしての用途はもちろん、包帯の代用品として止血にも使えます。


1.レインコート
携帯用に小さく折りたたまれたレインコートはスペースを取らず、災害時の雨や雪、風で体温が奪われるのを防ぎます。とくに寒さが苦手な子供、女性であればレインコートは両手も使えるので必要です。

1.レジャーシート 防災用シート 2~3人用です。
下に敷くことはもちろん。避難所で目隠しにも使えます。屋外でも着替え、トイレをするとき、家族に持ってもらえば他人の視線も遮ることができますので、1枚は欲しいですね。

1.給水バッグ5L
災害時の貴重な水を汲むにはコレがないと。

1.緊急トイレ袋 [トイレ袋、凝固剤、持ち運び袋がワンセット]
災害時、困るのがトイレ!水洗式はほぼ使えなくなります。防臭・固めるトイレ袋は必要。
段ボールなどの簡易トイレも活用すれば安心ですね。トイレにいくのを少なくするために水分摂取を控えると高齢者などは体調を崩しやすいのでトイレは重要です。

1.ラップ
これも震災時の必需品として有名ですね。食器巻いてから使えば洗わずに済み、貴重な水を節約できます。

1.歯ブラシセット
風呂にも入れない、歯も磨けないで3日間過ごせますか?風呂は我慢しても歯を磨ければリフレッシュになります。少しでも日常生活を取り戻せるだけで災害時のストレスは減らせますよ。

1.ゴミ袋
工夫しだいで色々活用可能。小さく折りたたんでおけばスペースも取りません。

1.レスキューシート
薄くて軽い防寒シート。さすがに毛布はかさばるので、人数分あれば真冬の災害時でも耐え抜けます。
避難所は寒いですよ~。学校の体育館とかですからね。朝の集会のときでさえ寒かったにそこで寝るときあなたは耐えられますか?



以上の品々が入っていました。


今回は防災セットに入っている物で、ホームセンターで買うよりネットの方が安いと思われるLEDランタンを購入します。


LEDランタンは防災セットでも入っていますが、 重量、使い易さ、使用電池で検討しました。

蛍光灯式は虫が寄ってきやすいので、避難所、屋外で使うにはLEDランタンがいいでしょう。

ピックアップしたのは以下の2つ。


■GENTOSジェントス LEDランタン エクスプローラー EX-777XP
ジェントス LEDランタン エクスプローラー EX-777XP / ジェントス☆送料無料☆ジェントス LEDラ...

ジェントス LEDランタン エクスプローラー EX-777XP / ジェントス☆送料無料☆ジェントス LEDラ...
価格:2,980円(税5%込、送料込)




Coleman(コールマン) CPX6クアッドLEDランタン
【オススメ品】Coleman(コールマン) ランタン本体【送料無料】Coleman(コールマン) CPX6クアッ...

【オススメ品】Coleman(コールマン) ランタン本体【送料無料】Coleman(コールマン) CPX6クアッ...
価格:9,703円(税5%込、送料込)





比較してみます。



名称GENTOS LED ランタン EX-777XPColeman CPX6 クアッド LEDランタン
価格2800円前後9000円前後
仕様

■明るさ:280ルーメン


■実用点灯:
72時間(Highモード)



■単一形アルカリ乾電池×3




■本体サイズ
():直径84×185mm




■本体重量:
817g

■明るさ::379ルーメン

連続点灯時間:

アルカリ乾電池
27時間(High)/112時間(Low)




充電式カートリッジ使用時
3時間(High)/10時間(Low)




充電式カートリッジハイパワー使用時
5時間(High)/16時間(Low)




分割式エリアライト使用時
2.5時間(High)/5時間(Low)




■アルカリ単一形乾電池×
4

■充電式カートリッジ(別売) 、充電式カートリッジハイパワー(別売)AC電源でも使用可能

■専用の充電式カートリッジ(別売)・乾電池カートリッジどちらにも対応可能

■本体サイズ:約直径17×高さ30cm

■重量:1.6kg
説明

ハイモードで72時間点灯。


単一乾電池3本で約3日間の点灯。


一日中つけっ放しにはしませんので3日間余裕で使用可。


明るさも280ルーメンと避難所で家族の中心におけば相当明るいハズ。


目に優しい暖色
LEDというのもいいですね。


明るすぎると逆に周りに気を使っちゃいそうなのでコレぐらいが一番オススメかもしれません。




カバーを外せば、ビルトインフックで逆さまに吊るせます。テントを持っているご家庭ではこれ結構重宝します。防滴機能付なので多少の雨も安心。

Highモードではジェントスをしのぐ光量。


Lowモードでは112時間も持ちます(乾電池使用時)

まぶしさを軽減してくれる曇りガラスに近いアンバーレンズ使用しているので目に優しい。


4つにライトを分割して使用できるので、夜のトイレなどに持っていけます。


ただ重量が
16キロとジェントスの倍ありますので、荷物の重量を気にしなければこちらの方が、使い易いのかもしれません。







































































コールマンの分割式エリアライトは結構魅力的でしたが、他に手回し式の充電LEDライトも購入予定なので、夜間出歩くときは手回し充電LEDライトを使えばいいので、今回はジェントスLEDランタン エクスプローラー EXー777XPに決定!!




重量が軽く、重量も1キロありません。


サイズがかさばらないので、防災リュックにも収納しやすい。


明るさの調整はできませんが、連続使用時間が72時間と自力で乗り切る震災直後の3日間に余力を持って耐えられます。


そして価格はコールマンの1/3(^人^)ありがたや~。



まあ使うことがないのが一番ですが、日頃のキャンプでも使えそうなビルトインフック付なので、自宅でも訓練がてらLEDランタンとキャンドルで震災疑似体験みたいにすると子供も楽しく訓練ができそうな気がします。


よかったらワンクリックで応援お願いしますヽ(*´∀`)ノ
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2 Comments

tama  

はじめまして

はじめまして。
防災グッズにつて細かく丁寧に説明させていて、食い入るように読んでしましました。
我が家も、1セット防災セットを備えてありますが、
ラップと歯ブラシセット。これは参考にして準備しておこうとおもいました。

2014/03/08 (Sat) 23:24 | EDIT | REPLY |   

-  

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

2014/03/14 (Fri) 12:12 | EDIT | REPLY |   

Add your comment