くに

くに

昨日は職場で先輩がご当地メニュー山形の芋煮を作ってくれましたが、醤油と砂糖、酒のみの味付けなのになんとも言えないシンプルな旨さに少々食べ過ぎてしまいました(ノ∀`)

具は牛肉と里芋、コンニャクにゴボウそして長ネギと種類は少ないですが、いやはやなんとも身体が温まる美味しさでした♪


忘れない内に今度作ってみよ~(*´∀`)




それはさておき韓国記事をまとめないと、他の記事をUPできないので、最期に韓国で食べた激旨メニューをご紹介ヽ(´▽`)/


韓国旅行最期の夜はガイドさんオススメ!


『私も週一は必ず行くよ~』勧められたおかゆと参鶏湯料理専門店『喜粥喜粥』(ヒジュッヒジュッ)へ。
韓国旅行ガイド・ソウルナビの『喜粥喜粥』のページへ


お粥と参鶏湯の専門店って随分ヘルシーな晩御飯だね~と思いきやここのオススメはカンジャンケジャン


あっお店の本当のオススメはアワビだそうです( ´艸`)


アワビも言わずもがな♪


まずは韓国CASSビールで乾杯~!してからのジョッキ・・・待ちきれませんでした(笑)
韓国旅行2015 (62)

日本の生ビールより軽いのど越し、最初日本のビールに比べて薄く感じますが、飲みなれてくると飲みやすくてぼくは結構好き♪


もちろん飲み放題付きです( ´艸`)


最期の夜だからとみんな張り切ってバンバンオーダーしまくりました。


韓国はまだレバ刺しもユッケも全然OKでしたが、2日後仕事だったので、遠慮してたら若い衆がしっかり頼んでましたヾ(・∀・;)オイオイ

でも運ばれてきたユッケとレバ刺しの美味しそうなこと・・・運ばれてきた料理を見たら自然と箸が伸びていました(笑)


写真を撮るのを忘れましたが、レバ刺しはブロック状に近い形でカットされていて日本のソレより肉厚。

ユッケは細く切ったリンゴと卵黄のみですが、これまらすごいボリューム(200gで3万5千ウォンなので安くはないですけどね)。


そんな激旨な料理がドンドン運ばれてくるのでCASSビールも進む×2♪


続いては、オーナーが韓国第1の清浄海域莞島(ワンド)の養殖場から直接仕入れているアワビ刺身!
韓国旅行2015 (63)

身はもちろんですが、が絶品!

臭みもなく韓国の醤油と合わせた肝醤油で刺身を口に放り込めば、日本のアワビに引けを取らない旨さでした♪


韓国の南端にある莞島(ワンド)はこの辺り。


莞島は陸地からも遠く離れているので、海水もかなりキレイでアワビが特産品。


また莞島の周囲にはアワビが好きなワカメやコンブなどの海藻も豊富海流が強いため、岩場で生息するアワビがはがされまいと身を大きく、力も強くなり美味しいアワビになる環境が整っているんだそう。


韓国でアワビの生産量トップなのも納得です。


養殖物ですが、新鮮なアワビを思う存分堪能した後は、旅の楽しみにしていた料理のひとつカンジャンケジャン!
韓国旅行2015 (66)


新鮮な生(生ですよ?!沖漬けみたいなものでしょうか?)のワタリガニを特製の醤油ダレに漬け込んで熟成させた料理です。


韓国タレ(ヤンニョム)で作った赤いケジャンはヤンニョムケジャンで、今回は醤油ベースの方です。


ヤンニョムケジャンは食べたことなかったですが、赤色した料理はこの旅でも結構食べたので、カンジャンケジャンで正解だったかもw(^▽^)

生のワタリガニをそのまま調理しているので、もちろんワタリガニ自体は超新鮮だそうです。


トロっとした身と、カニ味噌に特製の甘味のある醤油ダレがしっかり染み込んでして初めて食べるカニ料理の旨さに正直感動すら覚えました。
韓国旅行2015 (67)

甲羅に残ったタレと身に、店員さんがご飯を合えてくれましたが、これがまたいくらでも食べられる!

カンジャンケジャンが「ご飯泥棒(パットドゥッ)」と言われているわけだ(笑)


少しタレが甘いので、アワビ刺しで余った肝醤油を少し垂らすとこれが、また絶品でした。。。



アワビとカニ・・・無敵の最強コラボ♪(//∇//)


お次は参鶏湯料理専門店『喜粥喜粥』の看板メニュー参鶏湯!
韓国旅行2015 (68)


〆のメニューにピッタリ♪


これまた優しい店員さんがすでにホロホロと柔らかくなった鶏の身をほぐして1人分づつ取り分けてくれました。
韓国旅行2015 (69)


鶏から出たダシをたっぷり吸い込んだお米が、うまい!
韓国旅行2015 (72)


そのままでも優しい味わいですが、塩気は控えめなので、ミネラル豊富な岩塩も付いてきます。
韓国旅行2015 (73)


そんな岩塩をお好みでかけると、優しい参鶏湯の味が引き締まり、〆の一品のハズがまたお酒が・・・・進んじゃいました(笑)
韓国旅行2015 (70)

マッコリも飲み放題なので、この後輩と2人でこの器4~5杯は空けちゃいました( ̄TT ̄)

韓国のマッコリは甘さ控えめ、ほのかな酸味と、微発泡で後味もさっぱり。


やっぱり飲食は本場が一番美味しいッ!ヽ(´▽`)/


次の日の早朝迎えにきてくれたガイドさんが統一展望台に行けなかったお詫びに漢方薬局で、二日酔いに効きますよ~と栄養ドリンクを人数分買ってきてくれました♪

『漢方五味子茶』
韓国旅行2015 (8)

天然のビタミンCが入っていて、お肌や精神的肉体的ストレスによる疲労回復に効果があるそう・・・うん、二日酔いとは書いてない(笑)


ちょっと天然でしたが、憎めないガイドさんだったので、色々と面白い韓国旅行になりましたとさ♪


【韓国旅行関連記事】
【Go‼︎】いざ韓国へ(≧∇≦)
梨泰院のカルビ専門店『中一会館』
臨津閣(イムジンガク)に寄り道
南大門のディープな市場でショッピング
明洞は日が落ち始めてからがオススメ
韓国最期の晩餐『喜粥喜粥』でカンジャンケジャンに舌鼓


最期まで読んでくれてありがとう!ワンクリックで応援ヨロシクヽ(*´∀`)ノ
※クリックで応援&ランキングが見られます。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply