ちょっと作ってくる!〜買うより楽しいDIYlife〜

木工やDIY、ハウスメンテナンスの経過をUPしています。

【リメ缶作製】サンタのラベルをエイジング

2015
27
おはようございます!


年末に近づくにつれ、仕事が半端じゃなく忙しいので当直明けの朝はホントリアルに身動きが取れません( ノД`)


この間も7階までの階段を20㌔ぐらいの荷物を2往復担いで降り、ロープで30㌔を15m引き上げるという作業?でふくらはぎ、太もも全てまんべんなく筋肉痛になっています(笑)



買い物行っても、錆びたロボットの様な動きでしか歩けないのが恥ずかしい・・・(ノ∇≦*)


そんなんですから、ガーデンシンクもはかどっていないので、さちに『どうなってんの~?』突っつかれる始末。



ぼくも色々作りたいんですけどね~(´・ω・)(遠い目)



時間もなけりゃ~体力ない!



だけど、ちょっと制作意欲を満たすためにひさびさにリメ缶を作りました!


今回リメ缶に貼るのは、こちらのサンタラベル♪
サンタリメ缶 (3)


クリスマス前に作ったのに、ブログ記事UPしているが27日・・・・(笑)


ラベルは無料のサイトでダウンロードさせてもらいましたw


季節物のサンタクロースのラベルということで、今回作る数は2つだけ、あとは通常のバスロール風のリメ缶を2つ作ります。


ラベルは紅茶を濃く煮出して、漬け込んでエイジング。
サンタリメ缶 (5)


時間はラベルに浸透していく色素の具合を見ながら調節しました。


いい色になったラベルは乾かした後、さらに擦れや、穴を加えて、より年月の経ったラベルに近づけていきます。


今回は紅茶に漬け込む前にしわくちゃにしておくのを忘れたので、折れやシワの部分が少ないですが、きれい目のエイジングになりました(笑)
サンタリメ缶 (6)



今回リメ缶にはトマト缶の空き缶を使います。



缶によって異なる接着剤で紙ラベルが貼られていますので、やっかいな接着財はカッター等で削り取った後、コイツで完全にベタベタする接着剤を除去しましたw



速乾性ラベルはがし 風神 【シール剥がしスプレー】




サッとひと吹きして、キッチンペーパー等で拭き取れば、ベタつく接着剤もあっさり落ちるので、ストレスフリー♪


ストレス発散のリメ缶作りで余計なストレスは抱えません(笑)


今回は『白ベースの色合いがいいな』とさちからの要望もあり、下地処理した缶を白とグレーで2度塗り。
サンタリメ缶 (7)


塗装面を剥がれにくくしたいなということで今回から下地をコレで施工しましたw


つるつるとした面でも紙ヤスリで擦るよりも強力に塗料を密着させてくれる万能プライマー『ミッチャクロン』!!



紙ヤスリの方が安価ですが、手間がかかるのどうしても手作業のためムラになるので、1本お試しで買ってみました。


塗装して乾かした感じは、つるつるとした缶の金属面が、薄くコーティングされるだけですが、塗料のノリが全然違う。


作業が格段に楽チン&スピーディーになって、片手間のリメ缶作りには最適でした♪


下地処理&ベースの塗装が終わったリメ缶はサビ塗装。
サンタリメ缶 (1)


サビ塗装が一番好きですが、うっかりすると楽しいあまりサビさせすぎてしまうので要注意。


乾燥させてからもう一度ベースを塗装。


このときサビを全部隠さずに、内側から浮き出てきている風にするとよりリアルな感じになるかな?


3度目のベース塗装が終わったら最終的なサビをさらに上から重ね塗り、自分の好みのサビ具合にして塗装は終了!


エイジングしたラベルを貼り付け、トップコートでラベルを補強して完成ですw
サンタリメ缶 (2)


完成したリメ缶を多肉に植え付けている方もたくさんいるみたいですが、底に穴を開けるとそこからサビが進行して、多肉にもよくないみたいなので、うちでは底に穴を開けずに鉢カバー代わりに使ったり、ペン立てにしたりと小物の収納に使っています。



ほぼ一日で作れちゃうリメ缶、短時間は集中して作業できるのでぼくは結構ストレス発散になるし、さちには喜ばれるし、筋肉痛で動けない身体にも負担は無いし(←コレ重要(笑))で、一石三鳥!



最期まで読んでくれてありがとうございます。応援よろしくお願いします↓ヽ(*´∀`)ノ
※クリックで応援&ランキングが見られます。
にほんブログ村 住まいブログ DIYへ
にほんブログ村


0 Comments

Add your comment