ちょっと作ってくる!〜買うより楽しいDIYlife〜

木工やDIY、ハウスメンテナンスの経過をUPしています。

鎖を放したら谷底へ落ちる恐怖との戦い

2016
05
先月末、職場の先輩に半ば強引に冬登山に連行されました・・・・




登山部を会社で立ち上げている先輩のO氏。




去年異動した4月から色々筋トレをさせるな~と思っていたら、まさか冬山登山に連れて行かれるとは?!




ぼく以外にも職場の同僚達を次々と高所恐怖症に陥れてきたとウワサされる登山にとうとう参加になりました(T▽T)




O氏はクライミングもやるのですが、写真で見る限りは手を放したら死ぬ・・・っレベルなのでクライミングは勘弁してもらい先月の1月末は群馬県にある妙義山というところに行ってきました。


O氏曰く、夏山だったらレベルは入門編だそうです。


この日の妙義山周辺の天候は曇のち雨の予報でしたので、午前4時にO氏のマンションに集合。


外環から関越に乗り朝7時に妙義山のふもとに到着。
妙義山 (32)


予報では午後から雨の予報でしたが、雪混じりの雨がパラついてきたので、登山靴とアイゼンを装着してさっそく出発。
妙義山 (15)


ちなみに『昼には降りてこよ~ぜ~』とO氏は言っていましたが、その辺は全然信用していません(笑)


この日のコースの序盤は雪は積もっているもののまだ緩かな斜面。
妙義山 (16)



だんだんと傾斜が・・・・(汗)
妙義山 (20)

アイゼンの歯をしっかりと斜面の凹凸に噛ましていないと滑落しそうな恐怖と戦いながら登りました。


『大の字』の直下の鎖場。
妙義山 (1)


雪が積もり、凍ってるんじゃないかというぐらい冷たくなった鎖をしっかり握って、握力と腕力を中心に全身を使って登りきりました。
妙義山 (14)



でもまだまだ序盤なんだよな~(T▽T)



次はこの断崖。
妙義山 (3)


凹凸があるので、しっかりホールドが効くのでまだ登りやすいですが、なんせ高い・・


最初に先輩O氏と何度か経験のある後輩T君が先に登っていきます。
妙義山 (31)




いや~キツそ~(ノ_<)



確保ロープを下ろしてもらい、確保をしっかりと取った後、アイゼンのかかりを確認しながら一気に登りました。
妙義山 (30)
(写真は帰りに撮影してもらったところ)



ゆっくり登ると逆に握力を使っちゃうので、テンポよく。まだここでは多少余裕がありました。
妙義山 (29)

筋トレの成果がこんなところで役に立ってる(笑)


垂直まではいきませんが傾斜が急なので、ココは雪も積もってないのがまだ救い。


と思ったらまたすぐにこんなん(笑)
妙義山 (4)


妙義山 (5)


登る度に緊張するので、徐々に体力が削られていきます。
妙義山 (6)



頂上まではその後もハードな鎖場が続きます。
妙義山 (13)


握力が奪われていくぅ~
妙義山 (18)


だんだんと愚痴もこぼしつつも、退路は先輩しか知らないので、前か上に向かうしかありません(笑)


手放したら即『死』。。。


いや~すごい緊張感ですわ。
妙義山 (17)



10時過ぎにようやく頂上近くに。


雪積もる幅30~40センチくらいの道幅なのでここも確保ロープを取りながら(ヘタに端に脚を置くと雪が崩れて滑落危険大!!)渡って鎖をキャッチ。
妙義山 (26)


確保ロープのカラビナをハーネスに取り付け、いよいよ頂上へアタック開始。


外側へ滑り落とさんとする傾斜角度の斜面なので、身体の重心がぶれやすく、もし手を放したら50~60m下へ滑落必至(確保ロープが無ければね)
妙義山 (25)


斜面は傾斜がそこまできつくはありませんが、雪に埋もれた鎖が凍って滑るので超危険です。


写真で見ると思ったより長い鎖場。
妙義山 (22)


多分雪が無ければ、鎖も滑らず、アイゼンも必要のない斜面なのでしょうが、ここでもアイゼンの刃が凹凸に噛んでることを確認しないと手を離すのが怖い。


妙義山 (21)


やっと鎖場の頂点に到着。
妙義山 (23)



何十回と死ぬと思ってたどり着いた妙義山の頂上からの景色・・・・





さぞかし気分が高揚しちゃうんだろうな~ドキドキ




だって相当登ってきたよ~♪




(「・ω・`)・・・ドレドレ?




ドンッ!
妙義山 (28)




なんにも見えん((;゚Д゚)ガクガクブルブル



疲労困ぱいなのと、登りきったばかりで息が上がっているのもありますが、人生初の冬山登山。



頂上の景色にぼくのハートはまさかの無感動でした(笑)


まあこんだけキツイ思いして帰りは安全に?行きと同じルートで帰りましたが、下山して人工物を見たときはめちゃくちゃ生きて帰れた喜びを感じることができました。


こんな登山、家族がいるパパさんは逝っちゃダメでしょ?


落ちたらどーするん⁉︎


まあそんなこんなですがいい経験にはなりました!




O先輩ぼくもう絶対行きません!(〃ノωノ)




・・・・って何回も言ってたんだけどな(笑)


■ご訪問感謝です。よかったらポチッと応援お願いします↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

0 Comments

Add your comment