くに

くに

無印良品のシュトーレンで味のイメージはついたのでシュトーレン作りにチャレンジしました!


[前回の記事]
無印良品週間の戦利品とシュトーレンの材料買出し



まずはドライフルーツを漬け込む用の容器を煮沸消毒。
シュトーレン (6)


ここで本当はドライフルーツをラム酒に漬け込むのが、セオリーですが、夏ミントモヒートを楽しみ過ぎてラム酒の在庫は今の我が家には無し(笑)


そこで目についたのはコイツ!
シュトーレン (10)


電気ブランです。


コレブランデーも入ってるし、イケるんではないか?


という訳で煮沸した容器に刻んだドライフルーツを入れて電気ブランを注いじゃいます♪
シュトーレン (11)

シュトーレン (12)


電気ブランでシュトーレンなんて誰も食べたことなさそうだけど、飲兵衛仕様のシュトーレンがどんな仕上がりになるのか楽しみです。


電気ブランを注いだドライフルーツは冷蔵庫で一晩寝かせました・・・



ブログ村のランキング参加中。

にほんブログ村



一晩電気ブランに漬けたドライフルーツはザルで漉して水気を切っときます。
シュトーレン (15)

このとき漉した電気ブランも後で使うので取っておきました。


シナモンやカルダモン、ナツメグはうちにあったので、シナモン多めで材料をホームベーカリーに投入。


バターの量すごいですが、仕上げにまた塗る予定ヾ(・∀・;)すごい量だなオイオイ
シュトーレン (16)


量が多すぎて、こね始めのホームベーカリーの中がエライことになったので、結局手ごねで15分ぐらいこねてからホームベーカリーで仕上げました。


生地をホームベーカリーにお任せしてる間にオレンジピールを刻み・・・
シュトーレン (17)


15分くらい経ったあとに、刻んだオレンジピールや、ラムレーズン、電気ブランに漬けたドライフルーツを手で生地に練り込みました。
シュトーレン (18)


あまりコネ過ぎるとドライフルーツが細かくなりすぎるので、適当なところでいったん生地を俵型にまとめて発酵させます。


あと焼くときに表面のドライフルーツは焼け過ぎて苦くなってしまうので、生地の内側になるようにするといいかも。


ぼくが焼いたシュトーレンの表面で苦くなったレーズンは残念ながら取り除きました。


発酵が終わった生地を楕円形に伸ばして、卵白、粉糖、アーモンドパウダーで作ったマジパンを棒状にして中心に練りこんでちょっとずらして継ぎ目を塞ぎます。
シュトーレン (19)

シュトーレン (20)


なんかシュトーレンっぽくなってきたーー!!( ´艸`)


あとは190℃で余熱したオーブンで焼き上げて完成。


焼きあがったシュトーレンにドライフルーツを漬け込んだ電気ブランをひと塗り(子供も食べるので1回塗りで)
シュトーレン (21)

溶かしたたっぷりバターを4~5回に分けて刷毛で生地にぬればこの艶々感♪

ほのかな電気ブランの香りとバターが焼けた香ばしいにおいが部屋中に・・・



めちゃくちゃいいにお~い!ヽ(*´∀`)ノ



今すぐにでも食べたい気持ちを抑えて粉糖をまぶしてラップで包みビニールに入れて常温で寝かせました。


一晩寝かせたシュトーレン。
シュトーレン (22)


生地はしっとりとしてバターと粉糖が馴染んでいます。


緊張する一刀(笑)
シュトーレン (23)


うんうん均等にドライフルーツが入ってますね~
シュトーレン (24)


お酒とバターのいい香りがしてきます。


外側はザクッと噛み心地の良い食感。
シュトーレン (25)

ブランデーの代わりに使った電気ブランもシナモンやカルダモン、ナツメグのスパイスとの相性がよく美味しいです。


今回初めて使ったシュトーレンでしかもブランデーの代わりに電気ブラン(笑)


どんな味になるか心配もありましたが、30cmのシュトーレンが2本できたので、クリスマスまでのアドベントの間家族で少しずつ楽しむには充分すぎるシュトーレンができました。


アルコールも少量なので子供もまったく問題なく食べることができるし、なにより手作りなので余計な物を入れずお好みのスパイスの調合で完成したので大満足。


家族にも好評でしたv(^▽^)v


■良かったらポチっと応援してもらえると嬉しいです。
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Posted by

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply